<投資コラム2>節約して投資費用を作る

投資活動

 「節約する」・「家計簿をつける」‥、あまり楽しくはなさそうですよね。それでも投資を通じて資産を増やしていくには、元本となる投資資金を捻出する必要があります。「別に収入が増えればいいんでない?日本はお金持ちの国だし♪」と思う人もいるでしょうが、甘いです!!厚生労働省のホームページをご覧ください。日本はこの30年、世帯収入は100万円くらい減っています。一人当たりGDP(一人当たりの稼ぐ力)はお隣の韓国に抜かれ、差はどんどん開いています。

図表1-8-1 世帯所得(実質)の推移
令和2年版厚生労働白書ー令和時代の社会保障と働き方を考えるー図表1-8-1 世帯所得(実質)の推移を掲載しています。

 そのうえ、消費税をはじめとした増税、社会保険料の増大で支出は増える一方。さらに税控除の撤廃など、隠れ増税も多数あります。つまり、所得から諸経費を引いた「可処分所得」(自由に使えるお金)が減っているんです。今まで通りやっていたら、「投資する余裕なんてないよ」ということです。

 しかし、ここで投資を諦めてしまうと、投資をやっている人との差は開く一方です。そこで、前置きが長くなりましたが、投資費用を作るため効果的な手法が「節約」です。一つ質問です。投資資金30万円を捻出するために、以下の2つの手段で得られる結果に違いはあるでしょうか?

 ①年収30万円UPする。

 ②節約して30万円か経費を削減する。

 答えは同じです。そして、節約と収入UPどちらのほうが実現性が高いか。それは間違いなく「節約」です。節約と聞くと「けち臭くて嫌だな」と感じるかもしれませんが、無理なくやることは可能です。以下の内容は私が実践している取り組みです。

 私の取り組みは決して特別なものはなく、もっと効果的な取り組みをされている方もたくさんいると思います。ここで強調したいことは、一度仕組みを作る(やり方を覚える)ことで、時間コストを伴わず、労せず節約ができるということです。短時間のアルバイトなどで稼ぐことも大切ですが、貴重な労力・時間を失うことになるので、本業以外で自分の時間を売る仕事はあまりお勧めしません。

 最後になりますが、ポイントを得るために遠出をするなど、やり過ぎには注意です。また、節約を意識するあまり、無理して修行僧のような質素の生活をしては長続きしません。私でも、土日は旅行を楽しんだり、コストコやアウトレットで散財しています。 仕組みを作る・今までのやり方を変えるところまでが大変ですが、ここを乗り切ればぐっと楽になるので、ここが勝負の分かれ目です。皆が脱落しそうなところで、ひと踏ん張りして一歩先に抜け出し、投資資金を作り出しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました