今日の株ぼやき(8/3)

投資活動

 火曜日のアメリカは下落でした。ダウ-1.23%・SP-0.67%・ナスダック-0.16%と、ダウを軸に3指数全て下落しました。ダウを構成する金融・製薬・製造関係が下がっていたため、ダウが大きく下がっていたようです。キャタピラーが5.8%下がっていることを見ると米中関係の悪化が多少関係しているのかもしれません。米中関係については、色々と意見はあると思いますが、双方経済の依存度が高く、アメリカは中間選挙、中国では党大会を控えており、ドンパチの火種を作りたくないはずです。お互い牽制はするが大人の対応で終わると考えています。

 そんな中、日本株は小幅に上昇しています。10時10分時点で日経+0.56%、TOPIX+0.21%、マザーズ1.22%となっています。陸運・空運といった旅行関係が堅調ですね。この業界はコロナで大きな痛手から回復していないため、上昇余地はかなり残していると踏んでいます。決算シーズンらしく、銘柄ごとに上下の動きがみられるので、見ていて楽しいです。

 そして、ファストリテイリング。82390円と年初来高値を更新しました。数字面で結果を出しており、不況に強い銘柄としても評価されているのかもしれません。ところで新疆ウィグルの問題はどうなったのでしょうね?

 今日は夜勤時に、久しぶりに保有する金融資産の状況把握を行いました。調べてみると、長期・短期比率は9:1、資産総額は今年4月のピークには及ばないものの、上半期大きな下落が何度もあった割には、まあボチボチかなと。時々金融資産のチェックすることで、自身の立ち位置が見えるので大切ですね。

(今日の売買)なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました