今日の株ぼやき(8/12)

投資活動

 木曜日のアメリカは小動きでした。ダウ+0.08%・SP△0.07%・ナスダック△0.07%と、まちまちの結果となりました。昨日の爆謄を受けどうなるかと思いましたが、最初は3指数ともに大きく上昇でスタートするも、ズルズルと値を下げる1日となりました。

 アメリカ7月CPIが前年比8.5%と依然として高い数値ではあるものの、アナリスト予想8.7%を下回り、インフレがピークを越えたと市場が好感しているように見えます。8月はこれ以上に大きな統計発表はないため、これで9月の雇用統計、CPI、FOMCまでは落ち着くのでしょうか

 そんな中、日本株は昨日の市場休業日あけで大幅に上昇しています。9時30分の時点で日経1.94%、TOPIX1.78%、マザーズ1.73%となっています。アメリカの上昇分を今日受けていると考えれば、これくらいの上昇は不思議ではありません。何はともあれ、節目の28,000円を維持した状態で週末を迎えられそうなのは、値固めに向けてポジティブに捉えたいと思います。

 問題はコロナ支援のバラマキまくり後の収束が本当にうまく図れているのか疑問なアメリカと、いよいよ経済が深刻さが増す中国ですね。世界1・2位の超大国がつまづくことなく、それぞれの危機を乗り切れるのか。私はまだ疑問の目で見ています。 

(今日の売買)なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました