今日の株ぼやき(7/7)

投資活動

 昨日のアメリカは微増でした。ダウ+0.23%・SP+0.36%・ナスダック+035%と3指数ともに小幅上昇しています。ここ数か月毎日のように大きな増減を見てきただけに、どこかホッとします。ただ、「上げは100日、下げは3日と言う通り」、地道に上昇しても瞬時に元値以下に落ちるのが今年の特徴ですから、気休め程度なのかもしれません。

 昨日はディフェンシブ銘柄が急落していましたが、若干これらの銘柄に回復が見られました。一方、エネルギー資源、金融、観光関連が下落しています。

 こんな状況の中、日本株は上がっています。午前9時30分の段階で、日経+0.54%、TOPIX+0.49%、マザーズ+0.16%となっています。日本株もアメリカ同様、ディフェンシブ銘柄に回復が見られました。長く低迷していた、システムインテグレーター、教育、生活必需品がここ最近元気が出てきたように見えます。

 一方、気がかりなのは観光関連です。原油が下がっているにもかかわらず、陸運・空運下落しています。新型コロナウイルスの懸念と考えて間違いないでしょう。感染者数が先に述べた通り、前週同曜日で倍増しており、伸びのスピードが異常に早いことが気になります。

 昨日は6月FOMCの議事録が公開されました。経済見通しにそれほど悲観的ではないとのことで、今後の金利動向なども市場の想定内だったようです。

(今日の売買)SPDRポートフォリオ高配ETF 2株

コメント

タイトルとURLをコピーしました