今日の株ぼやき(7/6)

投資活動

 昨日のアメリカはここ数か月とは全く真逆の動きとなりました。ダウ-0.42%・SP+0.16%・ナスダック+1.75%と、ダウが下がり、ナスダックが大幅に上昇しています。ディフェンシブ優勢だった今年には見られなかった動きですね(2021年に良く見られました)。

 寄りの段階では一時ダウが600ドルを超える下落でしたが、終値では小さな下落となりました。指数の動きは小さいですが、セクターごとの違いが鮮明となりました。上昇しているのは、半導体をはじめとしたハイテク銘柄で、これまで堅調だった医薬品、生活財、公益銘柄が大きく値を下げていました。

 これは、金利が一気に低下したことが背景にありそうです。10年金利は一時期3.5%まで上昇しましたが、昨日は2.829%まで下落しました。

 こんな状況の中、日本株は下がっています。午前10時の段階で、日経-0.53%、TOPIX-0.66%、マザーズ+2.04%となっています。先に述べた通り、アメリカの金利動向を受け、先端・新興銘柄が上昇しています。一方、商社銘柄、貴金属、公益、化学、金融、建設、重工の下落がきついですね。

 完全にアメリカと動きがシンクロしています。先端上昇、ディフェンシブ下落の動きは久しぶりに見ました。今日の動きだけで動揺する必要はありませんが、中々マーケットが安定しませんね。現金をためて、9月くらいに勝負をかけれる準備をしておこうと思います。

(今日の売買)なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました