今日の株ぼやき(7/4)

投資活動

 金曜日のアメリカは上昇です。ダウ+1.05%・SP+0.9%・ナスダック+1.06%と3指数全て上がりました。寄りの段階では下落が目立っていましたが、金利低下の影響か最終的にプラスで終わりました。そんな中ですが、半導体は続落しています。金利が下がっているにもかかわらず、暴落しています。下げの角度は読めませんが、この流れはしばらく続きそうです。

 日経平均は週末のアメリカの動きを受けてプラスで始まりました。午前10時の段階で、日経+0.79%、TOPIX+1.18%、マザーズ+1.84%と3指数上昇しています。全般的に上昇していますが、電力を中心に公益セクターの上昇が際立っています。ここ最近では珍しく、紙パルプや電機・機会も上がっています。そんな中、深刻なのが半導体です。日本の代表的な半導体銘柄の東京エレクトロン、アドバンテスト、ディスコ、スクリーンHが軒並み下がっています。これらの銘柄は2021年の上昇が著しかった分、アメリカの半導体以上にまだ下がる余地があると踏んでいます

 それにしてもマーケットの方向性が読めません(読めたことなどありませんが‥)。空気感レベルの話しですが、マーケットはこの半年の下落モードに嫌気がさし、どこか「インフレは終息する、リセッションもソフトなものに終わる」という期待感が先行しているように感じています

 毎度おなじみの結論ですが、少なくとも7・8月は長期積立、目星をつけていた銘柄が購入の目安まで下落した場合を除いて、リスクを避ける方向で行きたいと思います。

(今日の売買)長期積立中の銘柄を購入

①長期積立投資三菱UFJ純プラチナ @3,590×2株 

②NF TOPIX CORE30 904×10株

コメント

タイトルとURLをコピーしました